FC2ブログ
トピックス
☆★新人さん大募集☆★
只今、ベイシックスの全店舗でスタッフを募集しています。

未経験だって、ベテランさんだって、どんどん、ばしばし、ご応募ください。
ベイシックスに入ってくれたからには、責任をもってイッパシの商売人に育て上げて見せます。
まずは、ベイシックスのお店に飲みに来て楽しさを味わってください。

もちろん、お問い合せはお気軽にどうぞ。
採用情報についてはこちらから
http://www.teyandei.com/?page_id=41

ご応募、ご質問はこちらから。

☆★1日ガンさん塾DVD発売中☆★
2018年9月14日に行われた、楽のお父さん”宇野隆史”氏、関西を中心に全国〜世界に展開する元気ファクトリー代表取締役の今吉純一氏と岩澤のトークセッションを収録したDVDをフースタショップにて発売しております。

☆★居酒屋レジェンドセミナーDVD発売中☆★
2014年6月2日に行われた、楽のお父さん”宇野隆史”氏、大阪京橋のとよさん、と岩澤のトークセッションを収録したDVDをフースタショップにて発売しております。

☆★宇野隆史VS岩澤博セミナーDVD発売中☆★
2012年5月23日に行われた、楽のお父さん”宇野隆史”氏と岩澤のトークセッションを収録したDVDをフースタショップにて発売しております。

あるジャーナリストのコラムから。

ーーーーーーーーーー

小池百合子東京都知事は、新型コロナウイルス感染拡大について、21日に緊急の記者会見を開いた。

東京都が「年末年始 コロナ特別警報」発令中であることを前提に、都民の年末年始の外出自粛を呼びかけている。

「あの静かなお正月があったからこそ、あの静かな年末年始があったからこそ、2021年穏やかに過ごすことができた、そう思えるような年末年始にしてまいりましょう」

どうして、平然とこういう嘘が言えるのか、不思議でならない。

2021年が、新型コロナウイルスから解き放たれて穏やかに過ごせる保証なんて、どこにもないからだ。

「自粛・感染者減・自粛緩和・感染者増」の繰り返し
東京都では、11月28日から20日間、アルコールを提供する飲食店とカラオケ店の営業時間を夜10時までに短縮するように要請していたが、いわゆる「勝負の3週間」の敗北を受けて、1月11日まで延長している。
時短要請はこれで3回目だ。その度に、新規感染者数が減少したとしても、再び感染が拡大することは目に見えている。今回は、その「第3波」だ。その「第3波」がやってくることは、専門家の間でも予見されていた。
ここで再度の「自粛」を受け入れたところで、再び同じことの繰り返しであることは、およそリテラシーの高い人物ならば理解できる。新型コロナウイルスを、根本的に撲滅することができていないからだ。新型コロナウイルスが消えてなくならない限り、あるいは人間の側が抵抗力を持つまでは、この状況は変わらない。2021年が「穏やかに過ごすこと」ができる理由はどこにもない。
同じ日、日本医師会など9つの医療団体が合同記者会見を開き、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で全国的に医療体制が逼迫しているとして「医療緊急事態宣言」を発表している。

さらに23日には、日本医師会の中川俊男会長が記者会見を開き、こう述べている。

「新型コロナの医療に関わる医療従事者の心身の疲弊もピークを超えています。使命感で持ちこたえてきましたが、それももう限界です。どうぞ国民の皆様、医療従事者を守ってください。医療従事者が安心して医療に従事できるよう、医療従事者の家族と家庭が守られるように応援してください」
だから、感染抑止に努めよ、というわけだ。
医療従事者の切迫感が世の中に伝わらなくなった理由
テレビの報道番組などでも、医療現場の看護師などの覆面インタビューを放送している。その度に、現場の苦労は伝わってくる。
だが、そこに覚える強烈な違和感。本質の不在。医療関係者がいう現場の疲労感と、医療サービス受領者の間に生じる相当な温度差。
本来ならば、国民の生命に関わる問題のはずだ。感染者が急増して医療機関に押しかければ、キャパシティーを超えて治療や処置に手がまわらなくなり、救える命も救えなくなる。感染者ばかりでなく、他の怪我や病気でも人手がまわらなくなれば、治療が遅れ、取り返しのつかないことになる。だから、感染防止に努めましょう、ということが前提にある。しかも最前線の医療従事者はもっとも感染のリスクが高い。だからこそ、感謝と敬意の対象となる。
それなのに、訴え方のせいなのか、感染を防止するための注意喚起を強く促すというより、まず現場への同情を求めてしまっているようにも聞こえてくる。
「だったら、自分さえ感染しなければいいんだろう」
おそらくはこうした意識を持つ人たちが増えているはずだ。

ーーーーーーーーーーーーーー


岩「面白いのここからです」


ーーーーーーーーーーーーーーー


昨今、東京の時短営業中の飲食店をのぞいて見た盛況ぶりと、客の緊張感のなさから、そう思えてならないのだ。(岩*因みにウチは時短要請無視してます)

客はマスクを取ったまま「すみませ~ん!」と大声で店員を呼ぶ。
向かい合って声高に笑う。
会話に熱中する。
いままでだって感染しなかった。
だったら、自己責任で飲食をする。
あるいは、感染してもたいしたことはないだろう、という感覚。
毎日発表される感染者数も、自分とは遠いところの出来事として受け入れられる。

3月の東京都の外出自粛の要請や、4月の緊急事態宣言の時のような緊張感はもはやない。

「返報性の原理」と「社会的証明」

第1波や第2波の時と比べて、感染者の数は段違いに増えているのに、なぜ世間の緊張感はさほど高まらないのだろうか。

いわゆるカルト宗教に引き込まれるマインドコントロールの原理に、「返報性の原理」というものがある。
「返報性の原理」とは、人は良いことをされるとお礼をしたくなる心理のことをいう。

例えば、大学の新入生が選択科目や新生活で先輩からいろいろ教えられる。その先輩から集会への参加を求められると断りづらい。行ってみるとカルトだったということはよくある。
また社会心理学に、「社会的証明」という言葉がある。「社会的証明」とは、コンサート場に行こうと最寄り駅を降りたが、そこから先にどう進めばいいかわからない。案内版もない。だが、人の流れに付いていったら、目的の場所にたどり着けた、というように、まわりが真実を教えてくれる、というものだ。言い換えれば、「みんなそうだから、これは正しい」と思い込むことだ。 

いまは、「返報性の原理」の裏返しのようなもので、外出の自粛要請、飲食店の時短営業要請に応じて我慢してきたが、その結果としていいことはなかったこと、前と変わらないこと、同じことの繰り返しに、みんな気付いてしまった。

そして実際に外食、飲酒をしてみたところで、感染はなかった。
馴染みの店から感染者が出たとも聞かない。
感染者数が増加傾向にあっても、近くに感染者がいない。
きっと大丈夫だろう。そう周囲が教えてくれる。「社会的証明」に従えばそうなるのだろう。
首相や閣僚だって「多人数での会食」を控えないんだから・・・

感染者の増加を連日報じるテレビの情報番組も、スタジオ出演者を減らして、リモート出演させることも以前に比べれば少なくなった。スタジオ内で、距離を置き、アクリル板で仕切ることで出演者がしゃべりまくる。観ている側も、うまく用心さえすれば大丈夫と安心する。
まして、5人以上の会食を慎むように呼びかけていたはずの内閣総理大臣が自ら8人での会食に参加している。それを問題視する記者に対して、「家族が多いところはどうするんです? 飯は一緒に食うなということ? 」などと、のたまう副総理もいる。これでは世間が「政府の呼びかけなど真に受けてもしょうがない。それよりも我慢していたっていいことはない」となって当然だ。
もう小池都知事の言葉も、神通力を失って人の心を動かさなくなった。医療現場の悲痛な叫びも、それが仕事だろうと突き返される。自分が感染しなければそれでいい。
もうなにを言ったって、春のような緊張感は戻ってこないだろう。だって、説得力がないのだから。連日の新規感染者の増加も、未知の恐怖を煽ったマインドコントロールが効かなくなった証だ。

ーーーーーーーーーーーー

と、まぁこの様な内容。


そして


東京23区内で起きてる現実…

港区は東京23区内で最もコロナの影響を受けた区だ。

他にも僅差で中央区と千代田。

つまり

会社関係の飲み会が殆ど無くなった為にモロに影響を受けているのが港区、中央区、千代田だ。

この三区においては
年明け
恐ろしい事が起こります(断言します)

バッタバッタと飲食店が潰れます。

12月で心が折れて
解約する飲食店が続出します
解約予告は三ヶ月から半年前なので
3月から6月が廃業のピークになります。



しかし

これとは真逆に若者層が多い街は元気です。

渋谷の繁華街を筆頭に
三軒茶屋
自由が丘
吉祥寺などなど
東京都心から離れた若者層の多い街で
先ほどのジャーナリストが言う様な現象が居酒屋では多く見受けられます。

今、若者の多くはコロナなんて殆ど気にしてません。

若者の多くはマスゴミからの「洗脳」と「マインドコントロール」が解けてます。

もう気づいてしまったのですね。

馬鹿なマスゴミよざまぁ見ろ!です。

後はコロナ脳に洗脳、マインドコントロールされた高齢者層ですね。

この層は厄介ですね。。。

TVにかじりついている高齢者層。

それでも今も尚洗脳報道を続ける情報番組。

馬鹿なマスゴミ諸君

そして

洗脳された馬鹿な国民達よ

まぁせいぜい頑張って下さい。

|12-26 09:28|ガンさん日記||トラックバック(-)|トップ

プロフィール

岩澤”ガンさん”博

Author:岩澤”ガンさん”博
株式会社ベイシックス

代表取締役 岩澤 博

飲食業界の発展のために、夜な夜な北は北海道から南は地球の裏側まで飲み歩いてるガンさんの公式ブログです。

ベイシックス オフィシャルサイト

セミナーDVD発売中


2018年9月14日に行われた、楽のお父さん”宇野隆史”氏、関西を中心に全国〜世界に展開する元気ファクトリー代表取締役の今吉純一氏と岩澤のトークセッションを収録したの映像ををフースタショップにて発売しております。


居酒屋レジェンドセミナービデオ(ダウンロード版)
2014年6月に大阪で開催した伝説の対談がついに映像化!6月2日(月)、関西飲食オーナ交流会“エフロク”とフードスタジアム東京&関西初のコラボセミナーの映像です。

セミナーDVD「店づくりは人づくり」
2012年5月23日に行われた、楽のお父さん”宇野隆史”氏と岩澤のトークセッションを収録したDVDをフースタショップにて発売しております。
ベイシックスの各店舗でもご購入いただけます。

お知らせ

渋谷、表参道、西麻布、六本木の各店舗でスタッフを募集しております。
まずは、お気軽にご連絡ください。

カレンダー

最近の記事

リンク集

ブログ全記事表示

ブログ内検索

RSSフィード