FC2ブログ
トピックス
☆★新人さん大募集☆★
只今、ベイシックスの全店舗でスタッフを募集しています。

未経験だって、ベテランさんだって、どんどん、ばしばし、ご応募ください。
ベイシックスに入ってくれたからには、責任をもってイッパシの商売人に育て上げて見せます。
まずは、ベイシックスのお店に飲みに来て楽しさを味わってください。

もちろん、お問い合せはお気軽にどうぞ。
採用情報についてはこちらから
http://www.teyandei.com/?page_id=41

ご応募、ご質問はこちらから。

☆★1日ガンさん塾DVD発売中☆★
2018年9月14日に行われた、楽のお父さん”宇野隆史”氏、関西を中心に全国〜世界に展開する元気ファクトリー代表取締役の今吉純一氏と岩澤のトークセッションを収録したDVDをフースタショップにて発売しております。

☆★居酒屋レジェンドセミナーDVD発売中☆★
2014年6月2日に行われた、楽のお父さん”宇野隆史”氏、大阪京橋のとよさん、と岩澤のトークセッションを収録したDVDをフースタショップにて発売しております。

☆★宇野隆史VS岩澤博セミナーDVD発売中☆★
2012年5月23日に行われた、楽のお父さん”宇野隆史”氏と岩澤のトークセッションを収録したDVDをフースタショップにて発売しております。
博多で『八兵衛』の八島さんのセミナーに参加させて頂きました。







下ネタナシで1時間!!!

しかも

あっとゆー間の1時間。

胸を打つ

心に響く

実に素晴らしい講演でした。

俺には出来ない、、、、

絶対無理です(・・;)



飲食業界一の嫌われ者でお馴染みの佐藤こうぞう氏が
八島さんのセミナーを全国でやりたいと言って
その旨を八島さんに伝えてくれと俺に言うけど
八島さんは佐藤こうぞうさんとP君のことは嫌いだからダメだと思うよ、、、
と、ハッキリとお伝え致しました( ̄▽ ̄;)


すると佐藤こうぞうさんは「そうですか…Facebookの友達外されたのはショックだったなぁ…」と。

まぁ
私も閉店後にお店に来て下さり
閉店後なのでお断りしたらSNSで「入店拒否された」と書かれた時は名誉毀損で訴えてやろうかと思いましたが、、、( ̄▽ ̄;)




さて
昨日のセミナー
正に八島ヤソキチのヒストリー。

良かったです。

笑いあり
涙あり
感動あり
下ネタナシ

私には出来ません(・・;)

そっか日経レストランに載った事がキッカケで浪花の妖怪はんがあなたの店に押しかけて
無理矢理知り合いになって
それで俺とあなたを引き合わせてくれたのね、、、


最初
あなたは絵に描いたような九州男児に見えてね…

今でもそうだけど、、、

人一倍負けず嫌いで
人一倍せっかちで
人一倍仕事熱心で
仕事も遊びも
何事も自分が納得いくまで突き詰める、、、

俺とは正反対。。。

俺は負けず嫌いでないし
せっかちは同じやけど
仕事熱心じゃないし
遊びも仕事も中途半端、、、

俺はそんなあなたを心から尊敬してます。

まぁ中尾先生も、あなたも全く裏表が無い人。

見事に表しか見せない人。

好きな人は好きでとことん付き合う。

気に食わない人とはキッパリと縁を切る。

でも

そーゆーわかりやすい所がマジで好き(笑)




スキーの話。

大学時代スキー部だと言うから無理矢理俺たちのスキーチームに入れたけど
あなたほとんど滑れんかったやん?
それでもニセコまで来て
英語のスキースクール入って(笑)
必死になって練習してるんよね…
嫌な顔ひとつしないでね、、、

人一倍負けず嫌いだから
絶対に上手になって
俺たちと一緒に滑りたいと思ってるんよね…

ゴルフも
サーフィンも
そして次はスキーもね

中途半端が一番嫌いやけんね

そんなあなたを心から尊敬します。

「40歳を過ぎ出来た友達は本当の友達やけん」

そんな事も言ってましたね。

これからも貴方の背中とお腹と腹筋を追いかけさせていただきます。







人は

人からしか学べないけんね…

これからも学ばせていただきます。

あざす。

俺に言わせりゃね

貴方や中尾先生と出会えた俺がラッキーやったって話よねー(笑)

浪花の妖怪はんに感謝!

おしまい。


|01-31 08:19|ガンさん日記||トラックバック(-)|トップ
北海道に来たら食べるしかなぁ、、、

…って。。。

まぁ博多でも大阪でも沖縄でも何処でも喰いまくってますが…

ところで今回は北海道の札幌。

言わずと知れた北の一大歓楽街ススキノのある街。。。


俺は職業柄
日本各地の飲食店の景気が良いのか悪いのかが気になって仕方がないのです。

街を歩いて
店を視察して「あーこの街は活気があるなぁ~」とか「あーこの街は死んでるなぁ~」とか
もちろん曜日にも左右されるけれど
その日の札幌のススキノ辺りは
週末の土曜日ということもあり活気に満ち溢れていた。



あの『だるま』は19時前から行列が出来てきた。


しかし地元の人の意見を聞いて具体例を申し上げましょう。


札幌のススキノの平日は閑古鳥状態なんだそうです。


とにかく人通りが少ない。


一昔前と比べると、明らかに寂しい状態なんだと、、、


が、決して人通りが「ゼロ」ではないのです。

以前よりも人通りが減っただけで、決してゼロになったワケではないのですから、少なくとも一定の需要は残っているのです。需要と供給のバランスが狂ってしまっただけなのです。

ですから、サービス向上・集客努力を続けているお店は生き残りますし、そうでないお店は消えていきます。

ここで声を大にして申し上げたいのは「全てのお店が潰れてしまうワケではない。」ということです。

これは日本全国何処の飲食店でも同じことが言えます。

現に、ススキノで急激に成長している飲食店経営の会社様がございます。
本当にススキノは不景気なのか?と疑ってしまうほどの勢いぶりです。

厳しいご時世ではありますが、それだけに経営者にとっては腕の見せ所であり、ある意味「面白い」時代である、と言えましょう。

などと余裕を持った事を言っている場合じゃないのはよーく理解しております。


因みに昨日の20時の六本木。



どうですか?

これ地方の街の姿じゃ無いよ

六本木だよ六本木!

鼻の都大東京のギロッポンだよ!


今年に入ってから売上サッパリの六本木の店。

街のせいにしても仕方ない…



まぁマンネリと言えばマンネリ。。。

思うんだけど
何で渋谷のミートマンの料理
あの料理を取り入れないのかね???
同じ店だし
同じ店名だし
これじゃ個々のお店の個人プレーだな、、、

もっと
もっと各店舗連絡や連係を深めて
この料理は評判良いです
このメニューは絶対やるべき
とかのやり取りが何故出来ないのかね?

このまま指を加えて売上が落ちて行くのを見てるわけにも行かんよね、、、俺は。。。



札幌の店。



ここは良い店でしたね。



女の子達が割烹着着て笑顔でサービス♡

こりゃ新しいなぁ…



ここで食べた斬新なメニューも新しい発見があった!

新しい事。

新しい事。

飲食店は今までの事に飽きて常に新しい事。

よーするに進化して変化。

六本木のミートマンもお客様に飽きられている事を認めて、皆で危機感を持って変化と進化と革新に真剣に取り組まないとこのまま売上は落ちる一途だな、、、




ススキノの老舗の炉端焼の店。

老舗には老舗の良さがある

変化も進化も感じ無いけど
それもまた老舗の良さと言えばその通りだ…



この店で食べるモノはいつも決まっている、、、

メニューは何年も変わらない…けどそれも老舗の良さなのだ。



ジンギスカンの『だるま』に俺たちも並んでみた^ ^





やっぱり美味しい!

美味し過ぎる^ ^

これも老舗の味。





皆さん大喜びの味。

老舗は変わらない事が大切。

我々は老舗じゃ無いから変わる事が大切。

変わらないと『死に舗』になる( ̄▽ ̄;)

我ながら上手い事言うなぁ~(~_~;)



昨夜、六本木の街で博多の中尾先生と合流。

ここ最近の中尾先生の快進撃は凄まじい。

それにしても博多の街は活気がある。

東京で高い家賃と高い人件費で悩まされて暇な店をチマチマと経営している俺はどうなんだ???

あー博多の飲食店経営者が羨ましい~

東京でナンボ店をやってても
ロールスロイスなんかにゃなかなか、、、
いや、死んでも乗れない…

あの方はフェラーリ

あの方はメルセデスGLSの新車

あの方はポルシェ

あの方はロールスロイス

あの方はクルーザー

博多の飲食店経営者は皆さん羽振りが違う。。。



話が支離滅裂となりましたが札幌での朝ご飯。







イクラ丼にほぐしたシャケを乗せて
その又上にイクラを乗せた。

通風丼(笑)

これは昨夜の六本木『大場』の通風スペシャル



中とろ
雲丹
イクラ

さらに



雲丹刺身。



死ぬほど美味しいカキフライ。

素揚げの卵がまた絶品です。

やっぱ美味しい六本木『大場』。


尿酸値がまた上がったなぁ…

中尾先生!御馳走さまでしたー!

例の超高級車の納車おめでとうございます㊗️



|01-28 11:58|ガンさん日記||トラックバック(-)|トップ
今日本国内で一番地価の上昇している場所

それが北海道ニセコだ。

いまや「日本で最も国際的なリゾート」といわれる北海道ニセコ。

街は外国人で溢れ、看板や物価も完全に富裕層向けにシフトしている。

パークハイアットも建設中で
レジデンスの価格は軽く億を超える、、、

高級ホテルの建設ラッシュに沸く同地区は、地価の上昇でも3年連続国内トップを記録したと言う。


今回訪れた居酒屋でのやり取り



我々以外は全員が外国人だった。

岩「人数が多いので焼酎のボトルをお願いできますか」

店員「基本ボトル売りはしてませんがウチは外国人相手のお店なので高くなりますが良いですか?」

岩「高いっていくらですか?」

店員「今店長に聞いてみます」

しばらくして戻って来た店員さんが言う、、、

店員「すみませんボトルは用意出来ません」

岩「ではグラスでお願いします」



そして出された焼酎の水割りグラスは
かなり小さいグラスだった
これで一杯690円と記されていた。

実に変な商売が成り立っているのがここニセコだ。


私事ながらスキーが趣味で、ここ数年、毎年ニセコを訪れているが、その変貌には目を見張るばかりだ。

例えば、昨年宿泊した
ニセコ地区にある4つのスキー場の一つ、東山エリアの中核ホテルである「ヒルトンニセコビレッジ」の館内表記は、日本語よりも英語が先にあり、ホテル従業員も基本、外国人。当然「公用語」は英語である。


館内の寿司屋では板前が、私のように、どこから見ても日本人にしか見えない相手に対してでも、まずは英語で話かけてくる。

宿泊客や利用客の大半が外国人なのだから、見かけは日本人でも、ひょっとしたら外国人かもしれないと考えて接するのは合理的だろう。

こうしたサービスは、なにも外資系のホテルだから行われているというわけではない。

ふらりと立ち寄ったBARでも日本人のスタッフが我々に英語でオーダーを取りに来た( ̄▽ ̄;)



ニセコで最も栄えている「ひらふ」エリアは、まるでスイスやイタリアの高級スキーリゾートのようだ。

ショップの看板や広告も英語表記オンリーで、日本語が一切ない店も珍しくない。

ショップの客も従業員も外国人。

ひらふ十字路を中心に、スキー場のリフトに乗る地点までのひらふ坂の両側には、欧風デザインのホテルや近代的なコンドミニアムが並んでおり、そのほとんどが外国資本による外国人相手のものだ。

現在も、ひらふ地区では、あちこちでクレーン車と英語表記の建設看板が立ち並び、さらなる開発が進められている。たとえば今年、私が訪れた際もシンガポールの大手デベロッパーであるSCグローバルが、外国人富裕層向け高級ホテルを建設中だった。


そう
ここニセコは今や世界中のマネーが集まってくる国際都市に大きく変貌を遂げているのだ。






ここのジンギスカンは美味しい!

かなりレベルは高い!

この日も12人でラム肉38人前平らげました(笑)

しかし、冬のニセコは
もはや日本であって日本ではない(笑)

私がここであーだこーだ能書き垂れても信用してないでしょ???

ならば一度でも冬のニセコに行ってごらん?

でもホテルも高いし
先も言った様にレストランや居酒屋なども価格は高いので、それだけは覚悟して行って下さい

でも
とにかく面白い街なんです。

飲食店視察もめちゃくちゃ楽しいのですよ!





BARでウイスキーを飲む。


さて、ニセコが世界的に注目されはじめたのは2000年頃からだと思う。

最初はオーストラリア人から人気に火がつき、その後、SNSなどを通じて評判が広がると、フランスを中心に、イギリス、ドイツ、北欧など、ヨーロッパ各国からもスキーヤーが訪れるようになった。

理由はズバリ、ニセコの雪質にある。

ご存知の方も多いと思うが、ヨーロッパのアルプスなどの雪質は固く締まっており、初心者には荷が重いところが少なくない。

それに対し、ニセコはサラサラのパウダースノーで、しかも毎日のように雪が降るから常に新雪。一度これを体験すると、その違いに病みつきになる人が続出するのも頷ける。しかも、ナイター施設なども充実しているのに加えて、温泉や北海道の食と魅力に溢れている。


正にスキー、スノボー天国!それがニセコなのだ。


さらに、ここ数年は、香港やシンガポール、マレーシア、台湾などの華僑を中心とした富裕層や、フィリピン、ベトナム、タイなど、雪が降らない国からの観光客も急増した。

大げさではなくニセコでは日本人を探すのが困難になるほど、外国人で賑わっている(これマジです)

リッチな外国人客を相手にしているため、物価も世界の高級リゾート相場になっている。

ゲレンデ周辺では、ランチの海鮮丼でさえ5000円というのが、ごく標準的な料金だ。

すし盛り合わせになると松竹梅で、それぞれ1万円、2万円、3万円も珍しくない。価格に、5000円、1万円といったキリのいい数字がやたらと多いのは、両替や換算を意識してのことだという。

これだけお金持ちが集まれば当然、地元経済にも恩恵が大きいだろうと思われそうだが、残念ながらそうでもないようだ。

まずショップやレストランだが
いまでは客はもちろん、従業員までも外国人が目立つようになり、日本人の姿がめっきり減っている。


「99.9%お客さんは外国人」そんな宿泊施設や飲食店がザラなのだそうだ、、、


ニセコ地区では、外国資本による別荘やコンドミニアムの開発も進んでおり、外国人スキーヤーや観光客だけでなく、外国人居住者も年々増加している。こうした外国人のために働く外国人従業員の増加もまた、続いている。地元の学校には外国人の子供が増え、新たにインターナショナルスクールも作られているという。


ただし
私的に言わせてもらえば、とにかく遠いんです。


この日も羽田空港朝6時20分発の飛行機に乗り
千歳空港でレンタカーを借りてニセコまでは約二時間の道のりだ




この日もニセコのホテルに到着して
マッハの速度でスキーウェアーに着替えて
あらかじめ送っておいたスキー用具を身に着けて
ゲレンデに降り立った時には正午近くだった、、、。


家を出て実に7時間近くかかる訳だ( ̄▽ ̄;)


まぁそれでも来る価値があるから毎年のようにニセコに来る訳なのですけどね…


是非皆さまも冬のニセコを楽しんでみてはどうですか???


おしまい。




|01-27 08:30|ガンさん日記||トラックバック(-)|トップ
今宵も渋谷『bistro meat man』です。



西麻布店のスタッフカオルとナオミチ。



こちらも西麻布店のスタッフちゃん

現役の女子大生っす。



こちらは某航空会社の美人CAさん

おいおいこの「スッチー」ってのはやめてほしい、、、

やめてね!



毎晩自分の店で飲んで食べる。

とことん食べる。

とことん飲む。

だけど
いい加減たまにはシースーとか
食べたくなって来ている

でも
その誘惑や甘えに負けず
ひたすら店で飲んで食べる。

何かを感じ
何かが見えて来るまで
ひたすら店で飲んで食べる。

移転以来御客様がパッタリと来なくなった渋谷桜丘の「琉球ビストロテヤンデー」で
アンティパストの盛り合わせをやってるんだけど
前々から思っていてね
先ずはそのアンティパストの盛り合わせをお客様にお勧めするのだけど
それをやめてほしいとお願いしたの。

理由はいくつかあって
先ずそこまで感動するほど美味しいと思わない事と
わざわざコレを食べに来る御客様はいないだろうって事と
わりと残されているって事。
それとこのアンティパストの盛り合わせ以外に沢山美味しい料理があるという事。

まぁ団体で御来店された御客様は別として、、、

それでもどうかなとは思いますが…

そうなるとあのガラスの冷蔵ケースはどうなるべきか?

まぁ「直ぐ出る前菜」と書いて御客様に「こちらの料理は直ぐに出ますよ」的で十分だと思う。

どうも今のやり方だと「押し売り」ぽくて気がすすまない。

とまぁ

全て私的な私感で物事を言ってますが

だいたい俺の言ってる事って当たってんだよね(^^;;


色々思いますね。


色々と試して

試行錯誤して

お店って成長していくもんですからね

我々居酒屋経営者は
絶対に繁盛店に育てるまで店から目を背けない事ですね、、、

そんな感じですね。


それでは明日から北海道のニセコと札幌へ飲食店の視察に行って来ます。


気が向いたらスキーとかしちゃうかもしれないけどね~~(^^;;


色々と頑張ります^ ^






|01-24 21:14|ガンさん日記||トラックバック(-)|トップ
『吉野家』の牛丼をこよなく愛する人を「ヨシノヤー」と呼びます。

そのヨシノヤーである私は都内各地の吉野家にて牛丼を食べているのですが
店によって味も量も微妙に違うのをご存知だろうか?


では
この二枚の画像をご覧ください。



これは一番近くて良く通う青山一丁目の吉野家。



これは前日伺って感動した神田の吉野家。


ね?

全然違うの解るでしょう?


上の青山一丁目店。

昨日行ったんだけど
牛皿大盛りの肉の量が少ないよね?「これ並みだろ?」と、文句を言いそうになりました。

更に並盛りの肉の量。

汁だくの汁の量
汁の味
肉に染み込むタレの味などなど
店によってかなりのばらつきがあるのです。

まぁ人間の作業だから仕方ないにしても、青山一丁目店はいつも最悪(≧∀≦)

何方かか
吉野家ホールディングスの方に知り合いが居ましたら
是非この事をお伝えください。




これもどうなんだろ、、、。




天下の吉野家でさえ
店舗ごとにばらつきがあるくらいだから
私の店でも
料理を作る人によってばらつきがある

味の濃さや量とかね

まぁそれもまた仕方ない事なのかもしれないけど、出来ればばらつきは無くしたいですよね

その為には
ひたすら店で確認作業

今夜もひたすら店で確認作業。



取引先でございます東京ワイン様と飲み🍷。

東京ワイン様!いつもありがとうございます。



スタッフの彼女の友達さんです♡

某航空会社のCAさん。



サントリーの山本氏も合流して4月のNY視察旅行の打ち合わせと称して呑み。



今宵はワイン🍷

ひたすらワイン🍷



〆にカレーチーズリゾット🍛

かなり美味しい♡


それにしてもあっと言う間に1月も後半だけど

本当に暇だ、、、(≧∀≦)

マジで悩んでます。

皆んな

悩んで

大きくなろう(T . T)


|01-23 09:07|ガンさん日記||トラックバック(-)|トップ
朝も早よからバスと電車を乗り継いで、我が創業の街 西荻窪に到着だす。



西荻窪の駅だす。

この駅に着くと
店が全く売り上げが無くて
この辺りで毎晩ビラ配りをしてた事を鮮明に思い出します。



駅前の『てんや』。

私の店『てやん亭"』に届くはずの荷物が
よーくここの『てんや』に届いてたっけなぁ~



昔良く仕入れしてた八百屋さん^ ^



西荻窪北口。

伏見通り商店街は通称 女子大通り と呼ばれていた。

東京女子大があったからだ。

この商店街をしばらく進み
左に曲がり
右に曲がった地下のお店に僕は25年前に小さな居酒屋さんを開店しました。

その当時の信用金庫さんが今でもメインバンクなので私はこうして西荻窪に来ます。

今日は昨年度の決算報告と昨年度の源泉税の納税です。


午前中に仕事を終えて昼メシ。



最近はここの支那そばを食べるのが楽しみです。

昔は必ず『はつね』でタンメン。



今はここのチャーシューワンタン麺。

最高に美味すぎて、、、



スープ全部飲み^ ^

昼メシを食べ終えて
総武線と大江戸線を乗り継いで六本木に帰還。

夜は渋谷桜丘の『琉球ビストロテヤンデー』



看板ナシ

謎のビルの二階

こんな場所に移転を決めた俺が悪いのか何なのか
あれ程売り上げてた店に
移転後の今、全く御客様が来なくなりました(涙)

この日も24坪の60席で予約はたったの3組です。

モロにヤバいです。



カウンターで暇な店の御客様の居ない光景を眺めていてもかなり気が滅入るだけと判断して
スタッフを二人店から連れ出して、同じく桜丘から移転した某有名大繁盛店を視察。

そしたらここが凄かった!



渋谷琉球ビストロテヤンデーの店長のバカジュンとシュート^ ^

バカジュンがどれ程のバカかと言うと
消防署に提出する会社の書類に
会社の署名捺印する欄に「二川」と自分の判子を押して私の元に書類を持って来たバカさはワロタ^ ^

ところで
この店の何が凄いかと言うと…



美味しい料理と優れたコストパフォーマンス!!!

ん~~何を食べても全て美味しい!!!

、、、が、しか~~し、、、

スタッフがまるでヤル気がない!

ヤル気無さすぎなです!

見事なまでの無愛想(笑)

怒っているかの様にも見えるんだけど…( ̄▽ ̄;)

特に男性のスタッフはほぼ全員が無愛想。

女子はまだマシだけど
愛嬌なんて全くナシだった。

ドリンクの出て来るスピードも遅い。

でも料理は美味しい。

因みに渋谷桜丘を代表する大有名繁盛店です。。。



我々三人は「まぁこーゆーのって『人のふり見て我がふり直せ』って事だよね」と話し合い、、、てか

これオーナーさんって

どうなってんだ???

これ程の有名大繁盛店なのに

もしかしてこれってあの不治の病と呼ばれている『繁盛病』???

黙っていてもお客が押し寄せる事から発病するあの病気かね?これは、、、


いやはや
料理もコスパも接客もサービスも全て勉強になりました!!!あざす!

そして私は『南平台のごりょんさん』へGO!



スタッフの彼女達とお湯割り飲みまくってバスに乗って帰宅!!!…と思いきや

丁度タクシーが来たので
またにはタクシーで帰る事に

帰りのタクシーの中での会話。

タ「お客さん渋谷で飲んでたんですか?」

ガ「はい」

タ「今夜は六本木も新宿も何処もかしくも人が全く居なくて全滅ですわ!」

ガ「そーなんすか?私も商売やってますが暇で暇で倒産しそうです」

タ「こんなんで10連休だの消費税が上がってだの日本はいったいどうなるんでしょうかね~」

ガ「ホントですよね~」

タ「お客さん!頑張って下さいね」

ガ「はい!運転手さんも!」

そう言って慰めてもらいながら帰宅した月曜日の夜でした。


しかし昨日の暇な店の光景は悔しくてたまらんかったです。


悔しくて悔しくてたまらんから
その悔しさを忘れずに
その悔しさをバネにして
努力して頑張るしかないよな!!!


ってお話しでした。


おしまい。
|01-22 09:45|ガンさん日記||トラックバック(-)|トップ
おはようございます!

さて
今週も始まりました。

思えば
昨年末の末から
久しぶりに連休明けでも何でもない
普通の1週間の始まりですね、、、


先週の土曜の夜
お友達のハルピンが来てくれたので
久しぶりに渋谷の『琉球ビストロテヤンデー』に行って来ました。



はるぴんと謎の美女。



ミミガーとネギの辛味噌あえ。



大阪からも都築ちゃんが、、、

このお店『琉球ビストロテヤンデー』は、強制的な立ち退きから移転をしたのが11月。

店の名前も
電話番号も
メニューも変わらないのに
何故か食べログはリセットされて
全くの新店舗として食べログに記載され
過去の口コミも
点数も全てリセットされて消えて以来
お客様までリセットされて来なくなってしまいました。

売上的には
移転する前の半分、、、

これは全くの想定外でした。

売上報告を見て「えっ!嘘だろ?」と、思う日が続きました。

この事態と現実を受け入れるまで、、、

てか

まだ受け入れて無いけど( ̄▽ ̄;)

何だか訳がわからんのですよね、、、

現場のスタッフの皆さんは良く頑張っているのですが、ここからいかにして突き抜けたお店に育てていくかが勝負だと思います。

当たり前の事をやっていてと無理に決まってます。

当たり前でない事をやって

良い意味で御客様を達を裏切り続け
御客様の脳みそにインプットされる様なお店にならないとイカンのですよ。


この日
新橋の『京味』に行ってね
料理が芸術的に素晴らしいレベルなのは勿論だけど
店に入って
店主の西健一郎さん自ら
御客様ひとりひとりに前掛けをして下さります。

実に真心を込めて前掛けをして下さります。

実に店主の真心を感じます。

芸術的且つ感動的な御食事を終えて帰り時には我々が角を曲がって見えなくなるまで
ずっとお弟子さんに身体を支えられながら
頭を下げてお見送りをして下さるという現実、、、

凄い…

料理は死んでも真似は出来ないけれど

この真心を込めたサービスと言うか何と言うか、、、は真似と言うか、、、
いや、少しは見習わなくてはいけないと思いました。


渋谷の『琉球ビストロテヤンデー』も、久しぶりに行ったけど
少しはそんな意気込みは感じました…。

俺たちの料理のレベルでも
感動まではさせられる事は出来なくても
少しは御客様に喜んでもらえるくらいは出来るし
接客だって
サービスだって他所の店より喜んでもらえる事をしなきゃいけないんですよね

それが「突き抜けたお店」になる為の条件だもんね、、、。

本当に勉強になりました。。。


昨日の夜は世田谷深沢不動の博多ちゃんぽんの店『さいこんたん』で和風出汁ちゃんぽんの野菜増し。



美味しいです。

でも美味しいだけじゃないんです。

家族経営で
家族全員でお店を切り盛りしてるんだけど
この店の嫁さんが素晴らしい心のこもったサービスをするのですが
いつも子供を背中に背負ってサービスをするのです。

旦那様は厨房で料理を作り中華鍋を振り続けます。

母は洗い場で皿を洗ってます。

父も厨房で料理を作ってます。

嫁は生まれたはがりの子供を背中におんぶしながら忙しく真心を込めてサービスをし続けます。


我々客は人によってサービスや接客で感動する定義って人それぞれで違うのかもしれないけれど
このお店は間違いなく誰が来ても真心を感じるに違いないです…

そりゃ愛されるお店になりますよね、、、。


新橋の『京味』さんは

その最たるお手本のような名店ですね。


俺たちも非力ながら

たくさんの御客様から

愛されるお店を目指そう!と、思いますが

愛される前に

御客様ひとりひとりに真心を込める事が大切ですね

時には御客様を真剣に愛してしまったりしてね( ̄▽ ̄;)


(御客様を)想えば

想われる?

かな???

愛すれば

愛される?

それどうなんだ~~(笑)

でも、努力はする必要はありますね~

頑張りましょう!


|01-21 11:28|ガンさん日記||トラックバック(-)|トップ
日本和食界の最高峰と言われる新橋の『京味』さんに行って来ました。





店内の写真撮影は禁止です。。。

新橋 京味。

おそらく

死んでも予約が取れないお店であろう『京味』。

またまた光栄な事に伺う事が出来ました。


御歳80いくつ?にもなろう
正に生きる伝説とも呼べる店主の西健一郎さんは
今でもカウンターの中でお弟子さんと共に現場に立つ。

その姿は「料理に命をかける、、、」と言う印象は受けず
お弟子さんたちに対し「人としての生き様、人間としての躾の厳しさ」を教えている様に見える。


仕事は二の次だ
仕事は俺の背中を見て覚えろ
その前に人間として一人前の人になれ

みないな…?

そんな印象なんですよね、、、


そんな西健一郎さんとはどんな人なのか…

著名な京料理人である西音松の四男として京都に生まれる。
料理人を継ぐはずだった長兄が他の道を志したため、父親から17歳の頃に料理人になるように命じられ、京都の高級割烹で修行を始める。

抜群の料理センスと負けん気の強さで頭角を現し、1967年に30歳で独立して東京・新橋に自分の店「京味」を構える。なお命名者は、裏千家家元(15代目)の千玄室。

店は文化人や作家、政財界人が集う人気店となるが、
一抹の不安が残るようになる。

更に父親の「まだ料理人のうちに入ってませんわ」という評価が追い討ちをかけた。

数年間独自で探求を試みるが、結果的に京都で既に引退していた父親に教えを仰いだ。

父親は70歳を過ぎ、西は30代半ばだった。二度目の修行は父親が86歳で亡くなるまで、およそ10年続けた。

近年はメディアに多く出るようになった。

作家平岩弓枝が長年の贔屓で、共作で百品余の献立を紹介した『「京味」12か月』を、月刊「文藝春秋」で2009年4月号まで13回連載している。(ビジュアル本『「京味」の十二か月』、同年10月に刊、文藝春秋)


とまぁこんな風に紹介されています。


あの独特の緊張感の中で食す『京味』の料理は正に生きる伝説の芸術と言っても過言ではあるまい、、、


今年も行けて本当に幸せでした。


○○さん!ありがとうございました。


また連れてってね♡



|01-20 10:35|ガンさん日記||トラックバック(-)|トップ
先にも述べた通り一昨日は24時間起きてまして戦っておりました( ̄▽ ̄;)


帰宅して寝たのは推定朝の5時半。


9時には起きて六本木の事務所に出勤して顧問税理士さんの望月会計事務所の望月先生と木下さんと打ち合わせです。

当然二日酔い、、、

と、言うよりは
まだ酔っ払っている感じ(°▽°)

この状態での数字の話はかなり厳しい( ̄▽ ̄;)

でも頑張って打ち合わせ終了。。。

『望月会計事務所』

もう25年間お世話になっております。

数字にはめっぽう弱いバカな私のことを十分に踏まえていつも話をして下さいます。

更に居酒屋経営者として
法人経営者の代表としてのあり方や生き方を
自分が読んだ本を参考にして御指導下さいます。

本当にありがたいです。

望月会計事務所の望月先生はね

なんと

恐ろしい事に

私と誕生日と血液型が同じなんです(笑)



4月1日生まれのB型です。



誕生日と血液型は同じですが性格は見事に正反対です。

几帳面なんです
とにかく細かいのです
そして数学にめっぽう強いんです。

だもんで
脱税なんて出来る訳がないけど、、、

てかさ…

私はアホなので脱税のやり方がわからないです(笑)

それとね、世の中って何でも相性じゃないですか?

最近そんな事をよく思います。

望月先生とは相性が合うのですかね、、、

何せ誕生日と血液型が同じですからね(笑)

まぁ合わせて下さっているのでしょうけど、、、




例えば酒屋さんはじめとする業者さんとも相性がありますね

そして社員との相性?

これは人間関係に至るのでかなりコアなもんでして、、、

相性というよりは
社長、もしくは上司をどれだけリスペクト出来るか、出来ないかの話ですよね

望月先生は言います
ビジネスで成功したければ
ビジネスで成功した人の本を読んで勉強すると良いですよ!と。



でも僕は思います


本を読みたい気もしますが
本を読むよりも凄く勉強になる経営者の方々が
リアルに私の周りにはゴロゴロといらっしゃる


いつの間にか私の周りには凄い経営者が沢山いるから、そーゆー人たちとご一緒させて頂くだけでとても勉強になりますのです。。。



そんな事を考えながらの二日酔いでの顧問税理士さんとの打ち合わせも終わり

いつものジムでトレーニングして

店に顔を出した。

お店はビストロミートマン。

まだまだ苦戦しております。

暇です(T . T)

でもここから育てて行くのがね…

頑張らないと、、、



で、鼻の金曜日の夜は孤独のグルメ。

お店は駒沢『はる』。



この蕎麦焼酎の蕎麦湯割りが飲みたくてこの店に来る。



そして
このぬか漬けが食べたくて
この店に来る。



必ず注文する本鮪の刺身
必ず二切れ何かサービスしてくれる
今夜は鰤だった。



自家製さつま揚げ
このさつま揚げが食べたくてこの店に来る。



自家製からすみ。

美味しい!



綺麗な胡麻油でカラッと揚げくれたワカサギの天ぷら^ ^


相変わらず安定の美味しさ。

実に丁寧な仕事だ。

山葵も生姜もちゃんとお店でおろして下さる^ ^

でもコレは大切な事。

どんなに新鮮で良いネタの魚や料理を出されても
業務用のおろし生姜や山葵で出されたら
僕は二度とそのお店には行くことは無い。

そーゆーのありません?

でもそーゆー所をちゃんとやっているのか、いないのかでお店の価値が決まると言っても過言じゃないと思うけどなぁ~

そして「この店のこの料理を食べに来る」ってコレも大切な事だよね!

いわゆる名物料理ってヤツ。


ビストロミートマンでは今、低温調理した「牛タンのカルパッチョ」や「和牛のタルタル」さらに「ミートマンステーキ」や「ハラミのステーキ」などなどの割と1000円超えの高価格帯の料理が「名物」と言うか良く出てる傾向にある事がポスレジのデーターで判りますが、、、

これは居酒屋の価格帯にしては少し値が張るので、やっぱ600円前後の価格帯での「名物料理」が欲しいところです。

やっぱ「牛」は年々高騰してくれるから、、、
比較的価格が安定してる鶏肉とか豚肉、更に言えば卵料理や安定した価格の野菜料理で何か考えないといけませんね、、、^ ^


と、一人でブツブツと考えながら蕎麦湯割りを飲む俺。


『bistro meat man』の場合は『ジョウモン』や『ごりょんさん』みたいにある程度確立された業態では無いだけにその辺の「追求」と「探求」はこれからもずっと勉強し続ける必要がありますね!


さてと

今週は火曜日スタートだから週末が来るのが早い。

皆さま良い週末を過ごして下さいね^_^

おしまい。
|01-18 20:14|ガンさん日記||トラックバック(-)|トップ
昨日は朝5時に起きてスキー行って。

都心に戻って朝の5時まで呑んでました( ̄▽ ̄;)

24時間起きてると

1日が長く感じますね(T . T)




一昨日『楽コーポレーション』で働く若者たちがお店に来てくれました。

皆んな若くて勢いのがある、、、

楽の現役の若者たちと一緒に呑んでいると
ついつい自分も楽で働いていた頃を思い出して一緒に盛り上がってしまいます

皆んなありがとうね。

同じ目標を持って頑張るって凄く良い事ですよね、、、

俺もそうだったもんなぁ…

けっこうワイン飲みましたね

僕はね
あの後帰宅して寝て
朝5時に起きてクルマを飛ばしてスキーに出かけました





スキー場でも転んだけれど

極めつけは
帰る時にスキー場のトイレで
もんどりうって転んで
額と肘を強打してしまいました( ̄▽ ̄;)

オデコにたんこぶ(・・;)

何だか
最近良く転びます( ・∇・)

歳をとると

転びますね(T . T)

スキーから帰って渋谷のお店に直行。











ウチの店の看板娘♡や看板息子。

店でしこまた呑んだ後

六本木の『くるくるBAR』













『くるくるBAR』で推定3時ちょい過ぎまで飲んで歌ってモノマネさせられてから『meat man』で〆の辛麺とパスタを食べた記憶があります。



写真が残ってました( ̄▽ ̄;)

確か
四種のチーズパスタは
作り直させた記憶があります。

四種のチーズパスタを食べながら
統括出部長の柳沢出部哉氏が
かなり御立腹だったのを覚えております。

どんなに酒を呑んで酔っていても
自分のお店と向き合って
大切な事ですよね、、、

お店と向き合い

スタッフたちと向き合うって

大変ですね、、、(・・;)


長い一日でした。。。
|01-18 10:45|ガンさん日記||トラックバック(-)|トップ
おはようございます。



今年に入って紛失したNTT docomoのガラケーが
何故か駒込警察署で保管されている事が発覚しました。
駒込警察署まで取りに行かなきゃ、、、。





さて

やっと三連休が終わりました。

先月のクリスマス絡みの三連休。

年末年始の9連休。

そして年明けのこの三連休。


いったい日本人はいつからこんな休むようになったのだろうか、、、


因みに日本は世界の中で一番祝日の多い国だそうです。。。





結局バカな役人連中が休みたいから宿泊が増えるんだよね
俺が子供の頃からに比べて増えた祝日だけでも「海の日」「山の日」「みどりの日」「国民の祝日」、、、
あとなんかあったっけ???

しかし「国民の祝日」ってーのはなんなんだ?(笑)


そしてトドメは今年のGWの10連休( ̄▽ ̄;)


これ程連休が多いと
東京都心部以外の飲食店は
やっぱホクホクで忙しいのですかね?

それと人の集まる都心の商業施設とか…?


まぁ私的にはこの連休が悪いのか、はたまた自分の店自体に問題があるのかを自問自答する日々が続いております、、、

また連休明けが超暇なんだよね、、、

これも自分の店自体に問題があるのかどうなのか?

この自問自答は永遠に続くんですよね( ̄▽ ̄;)


所で今年のGWの10連休に向けて、各旅行会社が既に様々な企画を打ち出して盛り上がっている様子を昨日TVで見ました。

このGWの10連休で喜んでいる人も大勢いるに違いありません。

まぁ私には恐怖の言葉しか頭に浮かびませんけど(~_~;)


まだ先のことなんだけど
直ぐにやって来るGW…

10日間も休んで一体何するんだろ?

何処に行っても混んでるし、旅行は普段よりも割高だし、高速道路は大渋滞だし、、、

良い事なんて何一つ無いとしか思えないんだけど…


うちのお店もどうせ毎日暇だろからGW特別企画とかやっちゃうかね~、、、マジで。

だって
渋谷や六本木の街や商業施設には間違いなく人は集まるわけじゃない?

その人達になんとか来てもらえる様なスペシャル企画!!!


…とか言ってもただの安売りは意味ないしね、、、


10連休はジッと耐えるしかないのかね~(T . T)


最近連休ばっかで店が暇だから色々な事を考えすぎました。。。


考え過ぎて頭がパニックになりましたけど( ̄▽ ̄;)


そんな時こそ御客様により一層のサービスが、、、なんて言い続けて25年(涙)


さぁ~~暇な魔の連休が終わって

もっと暇な魔の連休明けが始まるぞ~(涙)


おしまい。


|01-15 10:21|ガンさん日記||トラックバック(-)|トップ
何年前の事だろう、、、

成人の日。

37年も前の事???

そりゃ大昔だわ…

その日は慣れないスーツに身を任せ
大宮市民会館で行われる成人式に向かいました。

会場はさながら同窓会状態だった様な記憶しかない。

何せ37年も前の事だ。

昨日の昼メシを何食べたか思い出せなくなってきた俺にとって37年も前の事を思い出せという事の方が無理に決まっているだろう、、、



人は良く言う「あの頃にあたい…」と。

あの頃の自分に戻りたいかと聞かれたら、俺は間髪入れずに答える「あの頃には戻りたくない」と。


何故ならば
あの頃の自分には夢も希望もカネも何も無かったからだ、、、
しいて言うならば『吉野家』で大盛牛丼の上に牛皿の大盛りをぶっかけて食べたいと思っていたくらいのものだった( ̄▽ ̄;)

学歴も無く
カネも無く
スポーツも勉強も得意でない私は
全てにおいて他人より劣っていたし
同い年の連中も
そんな俺のことをバカにしていたはずだったからだ、、、

仕事は日産ディーゼルでの職工。

朝から仕事終わりまで汗と油にまみれていた仕事で、お世辞にも仕事が楽しいなんて微塵も感じていなかった頃でしたからね…


その点
今は大好きな『吉野家』で牛丼に牛皿の大盛りをぶっかけて食べれる様になったし
心から楽しめてる仕事にも出会えたし
収入だってあの頃の手取り10万の何倍も稼げるようになったし
今の方が全然楽しいですもんね~(笑)


とにかく若かったあの頃はお金に苦労をした思い出しかない。


それは俺の両親も同じだった。


だから
余計にお金のありがたみが分かる人間に育てられた。


昨日TVでダウンタウンの松本人志がzozoの前沢氏の1億円ばら撒き騒動に対して苦言を呈していた。


親にお金で遊ぶと叱られる、、、と。


それは私も全く同じ意見なのです。

あの人にとっては「たった1億円」かもしれないけれど、その1億円の利益を生み出すことにどれ程の人間が必死になって働いてるのかを考えてしまうからだ…

もちろん前沢氏はそんな事は理解しての行動だとは思うが
我々居酒屋稼業は一杯500円のサワーや一品500円のお料理を御客様に飲んで食べて頂いての積み重ねの商売だ、、、


まぁ畑が違うと言ってしまえばそれだけの話だけど、最近の飲食業界もチェーン店で成功すると突然その会社の社長さんは奥単位の話をする。

時価総額やら売却したら何億やらと…



おいおいちょっと待てよ

その前に毎日現在で必死に働いてくれて
一杯のサワー
一品の料理を提供してくれてる
末端の人間の気持ちを忘れてはいけないと思います。


もちろん
その事を忘れていない
立派な大手チェーン店の経営者もたくさんいらっしゃいます。


でもやっぱ人はちょっと上手くいくと「カネ」と言う魔物に取り憑かれがちだ

実は俺もそうだ…(苦笑)

でもレベルや次元が低いカネの孟者なので
その辺はちょっと御勘弁頂きたい(^^;;


成人の日の話題からだいぶ逸れてしまったが

いくつになっても

歳をナンボとっても

本来の自分の考えと言うものは

そうは変わらないと思うし

変わってはいけないもんだと思う。



この商売を25年も続けてきて
今でも確かな事など何も分からないけれど「ただひたすらに居酒屋稼業が好きだ」と言う想いだけは絶対に失わずにいるつもりだ。


お金は人を裕福にする力はあるけれど

決して幸福にする力はないと思うので…。

でも

これはお金のない私のひがみ節(-_-;)





俺ね

二十歳のあの頃には戻りたくは無いけれど

25年前のあの小さな居酒屋『てやん亭"』を開業した

あの頃には

何となく戻ってみたい気がする( ̄▽ ̄;)

それは体力的に、、、かな?(笑)


今は朝まで呑みは体力的にキツイもんなぁ~


おしまい。




|01-14 12:46|ガンさん日記||トラックバック(-)|トップ
やっと

やっと

やっと時間が取れたのでスキーに行って来た^ ^


朝5時半に起きて
6時に家を出て
川場スキー場に8時半に到着。





雪道の運転も久しぶり(・・;)

ちょいビビった。

やっぱスタットレスタイヤはブリジストンのブリザックの方が全然雪面への食い付きが良いですね…


さてスキーだ。











やっぱ初滑りはキツイなぁ~

昨日までの強い冬型が緩んだのありがたいとは思いますが、新雪に足を取られまくりのワタシ、、、

まぁ下手クソだから仕方ないけど…

これ以上上手くなるのも無理だと自覚。

山頂で私より年配のスキーヤーの方と少し会話したけど関西からわざわざ来たらしいです
主に山スキーをやってる方だと伺いました
その方の滑りが実に軽やかで上手い!
全く身体に無駄な力が入ってない滑り!
まるで雲の上をふわふわ浮くように滑ってる!

まるで川場スキー場の小林インストラクターの滑りみたいだ~~

これがしたくても出来ない悩み、、、

途中川場スキー場の小林インストラクターから連絡を頂きました
少し一緒に滑りませんか?と有り難いお誘いを受けましたが
私は午後には上がってお店に行く予定だったので仕方なくお断り(T . T)

相変わらず色々と課題は多い初滑りを後にクルマを飛ばして都心に戻り
渋谷の『ビストロミートマン』へ!



たまたま3月に沖縄の久茂地に出店をする拓人と遭遇。



更に渋谷『カクニ○』や『楽』の元スタッフ達も来て下さいました!

ありがとうございます。



サントリーの片桐クンと御近所の方々。



そして常連さん達。

いつもありがとうございます。

その女性客のリアクションとでも言うか
女性同士のお客様の反応をジーっと見て研究してるんですよね、、、

これ
私のお店との向き合い方なんすけど…

例えばね
料理が目の前に出されて
一体どの様なリアクションをするかを一部始終見て研究するんですよ

その料理や飲み物を目の前に出された時にスマホで写真を撮っているか?撮っていないか?
料理を目の前に出されて「わぁ~」とか「きゃぁ~」とかの歓声が上がっているかとか…

これは何処の飲食店でも言える事だと思うけど

繁盛店にはこの「わぁ~!きゃぁ~」スマホでパチリと写真撮ってインスタアップ!!!が必ずある。



カウンターに座って酔っ払いながらも
そんな女性客のリアクションをジーっと眺めているのです。



ね!スタッフの皆さん!そーゆー事なんですよ~


料理一つ一つにサプライズ

接客やサービスにもサプライズ


飲食店で最も大切な事…


それがサプライズ~~


スタッフの皆さん!


そこんとこよろしくお願いします!

|01-12 12:08|ガンさん日記||トラックバック(-)|トップ
中洲の『やまちゃん』。

酔うと夢遊病者の如く寄ってしまうお店。

必ず注文する「キムバラ」

要は豚キムチ^ ^



やめられない

止まらない。


そして

いつも必ず感心するのは

こんなにいつもクソ忙しい店なのに

いつも厨房の中がピカピカなのです





当たり前なんだけど

ウチのお店は暇なクセに掃除をしない

忙しい時は尚しない( ̄▽ ̄)

マジ見習ってもらいたいです、、、



俺も現場上がりだし

馬鹿だけどアホじゃないから

この汚れが
その日の汚れなのか
掃除をしないでたまった汚れなのがぐらいは一目瞭然です。

言わないと掃除をしないウチのスタッフ達に『やまちゃん』こスタッフの爪の垢をイッキに酒と一緒に呑ませてやりたいです( ・∇・)


ねぇ西藤クン?





西藤クンとの打ち合わせも終わり

〆は





でした。

おしまい。





|01-11 19:02|ガンさん日記||トラックバック(-)|トップ
博多の大繁盛店『こみかん』に行って来ました。


年末のクリスマス絡みの三連休

年末年始の9連休

そして今週末の三連休と

休みばかりの日本。

更にはGWには恐怖の10連休が控えています。


年が明けてからと言うものの
25年間の居酒屋人生にて
今まで経験した事のない激暇を喰らっております。

今だに浮上の兆しのない1月。

毎晩送られて来る売上報告を見て鳥肌が立つほどの状況でございます。


要するに御客様から必要とされていないお店だからこーゆー事態に陥る訳でございまして
改めて自分のお店と向き合う覚悟を感じている次第でございますが
そんな中でも本当に御客様から必要とされているお店に行って来ました

それが博多『こみかん』です。

はじめに申しておきますが
ここ最近で訪問したお店の中でも
群を抜いて最高のお店でした。

接客、サービス、料理、コスパ、空気感、、、

どれをとっても最高のお店でした。

久しぶりに感動した『居酒屋』でした。

言っておきますが『こみかん』は居酒屋です。




場所は御世辞にも良いとはいえない場所。

居酒屋に立地なんて関係ない。













看板娘♡



西藤氏と打ち合わせを兼ねて。



たまたま隣に居合わせた
八兵衛卒の繁盛店『コヤマパーキング』のスタッフちゃん♡



博多の女子は酒も強かぁ~^_^



言っておくが
ネタはどれも一級品です。

そして
毎晩19時と21時30分に炊き上がる土鍋ご飯。



大将の拓郎クンが「土鍋ご飯炊き上がりました~食べる人は手を挙げて下さい~」と。

この大将の拓郎クンが凄いワケよ!



食べる人~



そりゃ食べるでしょ

しかも二杯食べました。

最初は銀シャリで



二杯目はコレ!



「このイクラ丼いくら?」

「800円です」

「安っ!」



ものの見事に

全てにおいて突き抜けた居酒屋『こみかん』。

そこには拓郎クンの生き様を感じた素晴らしいお店でした。

こんな素晴らしいお店が近所にあったら行かないワケが無い!!!


久しぶりに居酒屋で感動しました。


拓郎クン

スタッフの皆さん

ご馳走さまでした

本当に幸せな時間でした。

めちゃくちゃ勉強になりました!


よーするに

突き抜けているお店なのか

突き抜けていない普通のお店かの違いなんだよね

ウチのお店は全てにおいて突き抜けて無いから暇な店に成り下がったワケですよね、、、

それを俺もスタッフ達も認めて受け止めなきゃこの危機は脱出出来ないと思いました。


じゃあどうしたは突き抜けたお店になれるのか???

それが一番難しいけど

今以上に勉強しなきゃいけないって事ですよね!


博多『こみかん』、、、


しかしスゲー居酒屋だ、、、( ̄▽ ̄;)




|01-10 09:38|ガンさん日記||トラックバック(-)|トップ


長年使ってきたdocomoの携帯紛失しました( ̄▽ ̄;)
|01-09 18:39|ガンさん日記||トラックバック(-)|トップ
やっと写真がアップ出来るようになったよ!



六本木朝日神社⛩で初詣。



シドニー『ごりょんさん』。



芋焼酎の甕が並ぶと迫力が増すね~



ウルムルとうエリア。

豪華クルーザーが並ぶ。

ラッセルクロウも住むセレブな感じのところ。



今は真夏のシドニーです。



頑張るユウト。



地元の雑誌に掲載されて^_^



麻布十番『野毛とりとん』でタッカンマリ。



タッカンマリ美味し!



昨日の鹿児島新年会で『千代茶屋』でのちゃんこ鍋。

透き通ったスープはゲロ美味い!



ちゃんこ鍋の具を殆ど食べ終えた頃合いを見て

薩摩黒豚を投入!



黒豚を投入してからの出汁が死ぬほど美味かった!



鹿児島新年会の二次会( ̄▽ ̄;)



三次会は『みとま』。



めちゃくちゃ美味しい!

ナンボでも食べれる!

、、、が、主人から衝撃的な発言が




今月19日で閉店です!だって、、、

一同「ええええ~~~」



主人の閉店発言に

ガッカリする金本氏と合掌氏。


でも

店舗を構えずにセントラルキッチンで製造してネット販売するらしいです。

最先端の商売をする顔に見えないよね~


おしまい。
|01-09 11:10|ガンさん日記||トラックバック(-)|トップ

おはようございます。

本日も写真かアップ出来ません(≧∀≦)

いったいどーなっているのやら、、、


さて

ドタバタしながらも
シドニーから帰国しました。


博多串焼『ごりょんさん』がシドニーサリーヒルズにオープンして1ヶ月と少しが経ちましたが
日々本当に素晴らしい結果を出しております(東京のヒマな店とはエライ違いです…涙)


店舗規模は約60席で
毎日100名以上もの御客様に御来店いただいております。

ウォークイン、、
つまり「通りすがり」に立ち寄って下さるお客様も多いみたいです。

客単価は大体60~70オーストラリアドル。

12月の日商のアベレージでは6000$を超えました。

これは凄い事

正に開幕ロケットスタートと言ったところでしょう、、、




肝心な串焼のクォリティやスープの味もしっかりと美味しく提供されております。

又それらをサーブするスタッフ達も一生懸命頑張ってくれていてだいぶ成長して見えました。



それでもシドニーのビジネスパートナーである「is HD」のヨシさんは「まだまだこれからが本当の戦いだ、今はただのオープニング景気に過ぎない」と言っておられますが、私も全く同じ思いであり、油断は禁物だと思いました、、、


我々飲食店に『完成』と『ゴール』は無いです。


飲食店経営者として求める物は人それぞれですけど、今は結果を求めるよりも『過程』を楽しんでくれ!と、皆に言いたいのです。

これはシドニーも東京のスタッフの皆さんに同じ事を言いたい。

我々の商売ほど地味で地道な商売はありません。

特にド派手な商業施設などに店を構えている訳でもありません。


昨日より今日

そして今日より明日


君たちが「一歩一歩」確実に成長することが何よりも大切だと思います。


商業施設に店を出す以外は飲食店に「近道」なんて無いのだから
日々の地道な積み重ねが大事だと思います。

目の前の御客様に喜んで帰っていただく

今日来て下さったお客様に喜んで帰っていただく

その積み重ねしかないのです。




、、、と、自分自身に言い聞かせる様に

言い聞かせるように、、、(涙)



仕事今日からの会社が多いのですよね!

何とか巻き返さなければ、、、ヤバすぎだ…( ̄▽ ̄)


おしまい。







|01-07 10:27|ガンさん日記||トラックバック(-)|トップ
写真がアップ出来なくなりました。

シドニーだからアップ出来ないのかと思いきや。

帰国してもアップ出来ません。

復旧するまで待つしかないですね。


ところで昨日の出来事。


帰りのシドニー→成田の直行便が取れず
シドニー発19時30分の国内線の飛行機でメルボルンに飛び到着は21時予定。

メルボルン空港で3時間待ち合わせした後の
JALの0時30分発の成田への直行便で帰国の予定が、シドニーが大荒れの嵐の影響で出発が3時間以上の遅れ、、、( ̄▽ ̄)


メルボルン到着がギリギリの午前0時15
分(・・;)


メルボルン空港に到着してダッシュで国際線ターミナルまで走りJALの搭乗口まで走る、、、


その際に私の名前を呼んでのアナウンスがターミナル内で再三流れる…

ヤバ、、、(・・;)

そしてJALの搭乗口に着いたら
ナントまだ搭乗は始まっておらず「何で急がせたの?」と、疑問…。

と、そこからがひと騒動

マネージャーらしき人に呼ばれ
チケット購入時から座席指定していたエコノミークラスの席がコンピュータシステムのエラーで消えて友達とバラバラの席になってしまうとの説明。

それには納得がいかないと言ったらマイルでアップグレード出来るとの事。

えっ???

おいおい全てJAL側のミスで座席がバラバラになってのアップグレートでも自分のマイル使うの?それは筋が違うだろ?と、、、

JAL側のミスなんだからマイル使わずにアップグレートするのが筋なんじゃないの?

そしたらそこからの展開が凄かった
その時乗客は全ての搭乗を終えていて満席との事なのに、
ならば当初から予定通りの横並びのエコノミークラスの座席を用意します!と、言うのだ!!!


えっ???戻せるの?横並びで用意出来るの?
だってもう全乗客は座席に座っているではないか???

それはマジックかイリュージョンかオカルトか?

この人何言ってるの?って感じ、、、

じゃあ最初からそうすれば良いじゃないのー!!!って誰でも思うよね?


なんかJAL側の勝手な都合で俺たち試してんの?

バカにしてんの?

はあ~???だよね~

JALの対応の仕方も、言い方もかなり一方的で上からでうんざり…(≧∀≦)

まるでJAL側の意向を一方的に押し付けられてバカにされた気分だ、、、


当選その時点で皆さん乗客は機内で出発を待たさせている状態


定刻の時間をかなり過ぎている、、、


結局自分のマイルを使ってアップグレートしました。


この時ほどJALからANAに真剣に変えようと思った事はない。


たまたまJALをモデルにした
腐敗した航空会社の現実を描いたドラマ「沈まぬ太陽」を1月2日の日に観終えたばかりの影響もあるのかもしれないけど、、、( ̄▽ ̄;)


でも、既に貯めているマイルを考えるとなかなか難しいのが現実、、、


今のJALのステータスとマイルをそのまま移行出来たら
間違いなく明日からANAに変えたい気分だ。


そんなドタバタの帰国でございました。


これからもシドニーの出張は多くなる

JALは遠い成田発

ANAは羽田発がある

今は全てにおいてANAの方がJALよりも優れている気がする。。。


マイルとステータスに縛られている自分が情けない気もするけれど
今後もこの様な人を馬鹿にする様な事があったらならば
その時は真剣にANAへの移行を考えるつもりだ。


早く写真アップ出来ないかなぁ~


おしまい。


|01-06 18:16|ガンさん日記||トラックバック(-)|トップ
おはようございます


相変わらず写真が送れないのが残念です。


『ごりょんさん』シドニーサリーヒルズ店に行って来ました^_^


料理もバッチリではないかと思われます。


そして、まぁ客層の良い事良いこと…


スタッフも皆さん頑張っています!


正に理想的なスタートとなってますね^ ^


先ずは一安心。


心配なのは東京のお店。


渋谷桜丘『琉球ビストロテヤンデー』と南平台の『ごりょんさん』、、、(°▽°)


特に渋谷桜丘『琉球ビストロテヤンデー』……と、言いたいところですが

まぁここまで暇だと逆にラッキーと言えますね~

何で暇なのにラッキーなのか???

そりゃラッキーでしょー

美味しい料理を提供して

心に残る

心に響くサービスが出来れば

必ずお客様はリピートして下さいます。。。



まぁそんな事の繰り返しで25年間やって来ましたからね、、、



新年早々テーマが出来て逆に燃えて来ますよね!



渋谷桜丘のスタッフの皆さん!頑張りましょう!



それにしてもシドニーの街は物凄い活気に溢れてます。



シドニーは正月休みって無いんですね~



しかし何で写真がアップ出来ないんだろう…(・・;)






|01-04 09:38|ガンさん日記||トラックバック(-)|トップ
おはようございます。

さて
私は昨日二日の夜のフライトで飛び
真夏のシドニーに来てます。


珍しく電波の回線が上手く繋がらず写真かアップ出来ないので文章のみでお願い致します。


成田空港発19時の便で飛び
機内では映画も観ず
飯食って
酒飲んで
酔っ払って寝て
気が付いたら
翌早朝6時にシドニー空港に到着しました(・・;)

そんでもって

いつものホテルにチェックインして暫く部屋で寝落ちした後『まっぺん』で「豚骨味玉うどん」を食べました^ ^


その後『まっちゃ家』に新年のご挨拶に伺い散歩して現在に至っております。




実は私、正月を雪山で過ごした事は多々ありますが海外で過ごすのは初めてです。

FacebookなのどSNS上では
セレブな飲食店経営者たちが挙って年末からハワイ入りをしております
まるでゲーノー人の様に、、、(^^;;

それを見てひたすら羨ましく思ってる私ですが、、、

俺も一度はやってみたいな~年末年始のワイハー!!!

でも飛行機もホテルもクソ高いんですよね~

だから無理ですよね~

だって時期をずらして行けば半額か三分の一の料金で行けるのに
わざわざ高い時期に行く必要も無いしね…

そーゆー時もコスパ考えますよね~



やっぱ我々サービス業、飲食業の人間は

他人が働いている時に楽しく遊び
他人が遊んでいる時に楽しく働く

これが基本だと思います。

年末年始も休まず頑張って働いてくれているスタッフの皆さんには感謝してます。

皆さんは年末年始をずらして休みを取ってゆっくりと身体を休めてくださいね。




考えてみたら

今年の年末年始の休みは9連休の方が多いようです。

しかし、7日に出勤したかと思えば、もう週末には三連休です( ̄▽ ̄;)

更に二月も飛び石で連休が可能で

四月の末は驚異の10連休か待ってます。



僕はサラリーマンでは無いので良くわかりませんが、そんなに沢山の連休があっても、やはり嬉しいもんなんでしょうかね~

でも嬉しいんでしょうねー( ̄▽ ̄;)


昔サラリーマンだった頃はそこまで休みとか無かった時代だったから
今のこの連休体質の人の過ごし方や意識が全くわからないですね、、、


例えばスキーの話だと。

休日はゲレンデも混むし
リフト待ちも多いし
往復大渋滞もします。

しかし平日は
ゲレンデもリフトも道もガラガラなんすよね

同じ経費と時間を費やしても
平日休みの方が断然
何倍も楽しめるという事実を知ったのが
このサービス業の世界に入ってから、、、

何処に行っても確実に空いている。

道も
行楽地も
銭湯も
空港も
電車もバスも
何もかもが空いている。



そんな平日休みのサービス業ってサイコーだと思います。


とまぁ新年早々
高所恐怖症なのに我慢しながら
40階の部屋のベランダに出て
気持ち良い風を感じながら呟いてみました。


Have a nice day♡




|01-03 14:19|ガンさん日記||トラックバック(-)|トップ
正月の恒例行事。

超高級懐石料理屋さん「銀座『小熊』の御節料理を食べようの会」開催。



高級感のある箱(・・;)



小岩料理長のご挨拶^_^



一の重



一の重 お品書き



二の重



二の重 お品書き



三の重



三の重 お品書き

御節料理ですから冷めてるわけですが

冷めてても見事なまでの絶妙な味付けにはただただ脱帽です。

これ造るの

絶対大変な作業じゃない?

この『小熊』さんの御節料理を造る映像がYouTubeで検索すると見れますので良かったら見てね!

店内は暖房は御法度

冷蔵庫みたいに冷たくしての作業と保存。

相当大変な作業の末に生まれた御節料理ですから、食べる側も毎年じっくりと味わって頂いております。


大人10人位で食べてもちょうどいい感じの量です。


元日ならではの贅沢なひとときでした♡


小岩料理長様はじめスタッフの方々!


ご馳走さまでした。


皆様も来年の正月は是非どーぞ^_^


|01-02 09:02|ガンさん日記||トラックバック(-)|トップ
明けましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い致します。



さて

激動の2018も終わり

いよいよ2019です。

今年は消費税が10%になります。

どうなるのかね~

消費税が上がると一般消費が減ります。

そこで真っ先に削られるが『外食』なのです。


よって我々外食産業には更に厳しい年になると予想かいます。


実は私もかなりビビっております。


これ以上店が暇になったらどうなってしまうのかを考えると、もう気が気じゃありません、、、


年頭にあたって一つだけ言えることがあります。


今年は『落とし前を付ける』年にします。


何をどう落とし前を付けるのかと言うと

去年出店した『琉球ビストロテヤンデー』と『ごりょんさん』南平台店と『bistro meat man』の3店舗をキッチリと1000万以上売れる店に育てる事

それが『落とし前を付ける』ということです。

先月の12月、、、

12月で1000万も売れない店を作った事に対しての落とし前を付けます。


まぁ売上が全てはないのはわかってますが

昨年はもとより
スタッフが急激に成長している事を
昨今もの凄く肌で感じております。

そんなスタッフを見ていたら
もっともっと高い目標を立ててあげないと
スタッフ達に失礼だからです。

この3店舗で落とし前を付けない限り
次の出店は全く考えておりません、、、。


キッチリ落とし前も付けず次に進めば結果どうなるかは僕には分かるからです。


僕みたいこんなアホでも分かるのです( ̄▽ ̄;)


落とし前も付けずに突き進んで出店したら、間違いなくウチの店は崩壊します。


だから
今年は今迄以上にお店に出向いて
アホみたいにスタッフ達に文句を言うので
スタッフの皆様はその覚悟でお願い致します^_^


消費税が10%すよ!10%!!!


5000のお会計が5500円です。

10000円のお会計が11000です。

100000円のお会計だと110000円ですよ!


大変ない事が起ころうとしています。


大きな時代の畝りの中に入っていきますね、、、


だから今年の攻め方は「守りながら攻める」です。


現状維持には興味がないので守りながら攻めて、攻めながら守ります。


これが今年のミッションでございます✌️


皆様

今年も宜しくお願い致します🙇‍♂️

2019元旦 ガンさん。



おしまい。
|01-01 15:57|ガンさん日記||トラックバック(-)|トップ

プロフィール

岩澤”ガンさん”博

Author:岩澤”ガンさん”博
株式会社ベイシックス

代表取締役 岩澤 博

飲食業界の発展のために、夜な夜な北は北海道から南は地球の裏側まで飲み歩いてるガンさんの公式ブログです。

ベイシックス オフィシャルサイト

セミナーDVD発売中


2018年9月14日に行われた、楽のお父さん”宇野隆史”氏、関西を中心に全国〜世界に展開する元気ファクトリー代表取締役の今吉純一氏と岩澤のトークセッションを収録したの映像ををフースタショップにて発売しております。


居酒屋レジェンドセミナービデオ(ダウンロード版)
2014年6月に大阪で開催した伝説の対談がついに映像化!6月2日(月)、関西飲食オーナ交流会“エフロク”とフードスタジアム東京&関西初のコラボセミナーの映像です。

セミナーDVD「店づくりは人づくり」
2012年5月23日に行われた、楽のお父さん”宇野隆史”氏と岩澤のトークセッションを収録したDVDをフースタショップにて発売しております。
ベイシックスの各店舗でもご購入いただけます。

お知らせ

渋谷、表参道、西麻布、六本木の各店舗でスタッフを募集しております。
まずは、お気軽にご連絡ください。

カレンダー

最近の記事

リンク集

ブログ全記事表示

ブログ内検索

RSSフィード