トピックス
☆★新人さん大募集☆★
只今、ベイシックスの全店舗でスタッフを募集しています。

未経験だって、ベテランさんだって、どんどん、ばしばし、ご応募ください。
ベイシックスに入ってくれたからには、責任をもってイッパシの商売人に育て上げて見せます。
まずは、ベイシックスのお店に飲みに来て楽しさを味わってください。

もちろん、お問い合せはお気軽にどうぞ。
採用情報についてはこちらから
http://www.teyandei.com/?page_id=41

ご応募、ご質問はこちらから。

☆★居酒屋レジェンドセミナーDVD発売中☆★
2014年6月2日に行われた、楽のお父さん”宇野隆史”氏、大阪京橋のとよさん、と岩澤のトークセッションを収録したDVDをフースタショップにて発売しております。

☆★宇野隆史VS岩澤博セミナーDVD発売中☆★
2012年5月23日に行われた、楽のお父さん”宇野隆史”氏と岩澤のトークセッションを収録したDVDをフースタショップにて発売しております。
大阪を中心に30店舗構える焼肉チェーン店。



その焼肉屋の
とある商業施設の店舗にての出来事。



前菜のキムチやナムル、サラダを注文し

タン塩からハラミ、ロース等の肉を注文し

ついでにスープのソルロンタンを一度に注文した。




そうしたら

驚くなかれ

スープのソルロンタンが一番最初に出て来た(笑)



僕は大阪だからウケや笑いを取りに来たのかと思いながら
ホールの子に「あのね、焼肉屋さんなら最初にキムチ等の前菜が出て、肉を食べて、スープは最後じゃない?悪いけどこのスープ一旦下げて後で持ってきてくれる?」
と、優しく言って
とりあえず後で一言かけたらスープを持って来てと伝えました^^;


ま、その一言伝える前にまだ肉を食べている僕に
何故か今度は違うスタッフがソルロンタンを持って来たので
仕方ないので殆ど味のしないソルロンタンに塩を入れて召し上がりました^^;



まぁこう言った「順番が違うだろ?」的な御指摘はウチのお店も良く受けますし
その都度反省しなくてはいけないですよネ、、、


例えば料理が全部出てもいないのに
次の予約の時間が迫っているからお会計を迫られたとか

やはり前菜を先に食べたいのに
温菜が先に出て来たとか

うちの店はうちの店で色々なクレームを頂きました。



でも、今回のこの焼肉屋さんのソルロンタンスープ事件は少し次元が違うと思った。



何だか
ホールスタッフ全員がヤル気まるで無し、、、みたいな…( ̄∀ ̄)

「コチュジャン下さい」と言ったら

「何個お持ちしますか?」だって

コチュジャンって個数で頼むんかい( ̄∀ ̄)


したらマヨネーズやケチャップでよくある小さなビニールのパックに入ったコチュジャンを持ってきて下さいました^^;


まぁ肉のクオリティは最初から期待はしてなかったけれど
接客とかサービスや料理の内容とかが
余りの忙しさに『やっつけ仕事』になってるのがミエミエなんですよ

オーダーはタッチパネル式

ホールの仕事なをて料理を運ぶだけの『運び屋』だ。

時間制は時間制で忙しいから仕方ないのだけど(昨日の『串カツだるま』なんて1時間制でした)それにしてもなぁ、、、(≧∀≦)




って思いながら食事をしてましたが


人のふり見て我がふり直せ。。。

人の店見て我が店、、、( ̄∀ ̄)

大丈夫かなぁ…

なんて思うわけですが


うちの子に限って…っていう言葉じゃ無いけど


うちで働くスタッフ達はただの『運び屋』になってもらいたくはないし
そうで無いと信じていますヨ…^^;


ただただ忙しさに追われ

こなすだけの仕事になってしまうとこうなっちゃうんだなぁ~

でも

オーナーはガッポガッポ儲かってるんだろうなぁ~

でもスタッフは育たないよなぁ~

でもオーナーはガッポガッポなんだよなぁ~

とりあえず羨ましいなぁ~(笑)


だってあの内容で御客様が引っ切り無しに入って来て、且つ並んで待ってるんだもんね!


羨ましいに決まってるでしょ!



これが商業施設効果ってやつか…



大阪商業施設繁盛店視察

とっても勉強になりました( ̄∀ ̄)



てな訳で

トドメは
やはり駅ビルという最強の商業施設の中で
30分も並びに並んで買った『551』蓬莱の激ウマシュウマイと餃子を食べながら




あまりの悔しさにヤケ酒かっ喰らいながら
鼻の都大東京に帰る私でございました( ̄∀ ̄)


なるほど


だから結局は皆んな商業施設に出店するわけですナ…


こりゃオーナーは儲かるわ…( ̄∀ ̄)


おしまい。




|03-24 23:06|ガンさん日記||トラックバック(-)|トップ
東京の滞在時間は約19時間、、、

新幹線で浪花にやって来ました^^;





新幹線では

もちろん崎陽軒のシウマイを食べました。

そして繁盛店視察。





紅白





フレンチ串とフレンチおでんで大繁盛。

客層は女性ばっかです(^。^)





新世界の『串カツだるま』

ススキノのジンギスカン『だるま』とは無縁^^;

物によって串カツのクオリティが悪いのと

接客が、、、悪いというより

怖い…( ̄∀ ̄)



ま、、、

他所の店の事をどうこう言える立場ではありませんが

お店の空気感で大切な事は

御客様の『笑顔』はもちろんの事…

そして

何よりも

スタッフ達の『笑顔』が大切ななんだよなぁ~と

怖い顔して

やらされてる感満載のスタッフを見て

染み染みと思う今日この頃でした^^;



人のふり見て我がふり直せ。


人の店見て我が店見直せ?



勉強になるなぁ~



おしまい。



|03-23 05:41|ガンさん日記||トラックバック(-)|トップ
今回の中尾慎太郎センセイとのロンドンバースデー旅行の中で最も私と慎太郎センセイでビビっていた事が
ロンドン到着後にヒースロー空港から市内のホテルまですんなりと行けるかどうかが一番の心配事でした。


ヒースロー空港から市内まで
タクシーだと150%の確率で渋滞にハマり
しかも料金も高いと聞いて
私と慎太郎センセイはM山氏のアドバイス通り
ヒースロー空港から
ヒースローエクスプレスに乗り
市内のパディントン駅に向かい
そこから地下鉄でホテルまで行くと言う大勝負に出た^^;



先ず第一の難関と言えるイミグレーションは
M山氏から頂いた『Firstclass』に乗った人のみに配られる優先券を頂いていたので
なんとイミグレは待ち時間0秒ですんなりと通過!!!(M山さん!ありがとうございました!)

本来ならば
このイミグレ通過で大行列に並びまくり
約1時間から
最長で3時間は並ばなくてはいけない、、、

それが
その大行列を横目にスルー

これには中尾センセイと私も大喜び^ ^


無事にイミグレを通過して
荷物を受け取り
いよいよ目指せヒースローエクスプレス!!!



JALの到着したターミナル3からヒースローエクスプレスの乗り場まで荷物を持って必死に歩く私と慎太郎センセイ、、、

何度となく迷いそうになるも
中尾センセイの「Where is the express train station?」と華麗なる博多仕込みの英語力で自力でエクスプレスのホームに到着。

切符売り場らしい売店があったので
取り敢えず片道22ポンドで切符を難なく購入^^;


するとホームは二つあり
どちらに乗れば良いのかが分からず
中尾センセイは近くにいた女性に近づくと「Does this train go to Paddington station?」と聞き
女性が指をさした方のホームの列車に飛び乗った

しかし間もなく来た車掌さんに切符を見せると
これは急行では無く各駅停車だと
何となく言っている事が理解出来たので
飛び乗った列車から一旦降りて
次の急行を待つ事にした

程なく急行列車が到着し我々は乗車。

約15分というあっという間に市内のパディントン駅に着いた。



パディントン駅からホテルまではタクシーに乗る事を選択した我々は
改札口から出てタクシー乗り場を目指す、、、

が、改札口が見当たらない…

ありゃりゃ???と、思っていたら

改札口なんて無く
列車から降りたら
そこはもう駅のホームの外に出ていた事と同じ現象だったため
我々は『TAXI』の看板を頼りに
タクシー乗り場を一目散に目指す…



駅の階段を上るとタクシー乗り場はあって
運転手さんにホテル名を告げて
無事にホテルに到着!パチパチパチ、、、と手を叩き二人で抱き合ってび無事にホテルまでの到着を喜び合った(笑)




それと帰国の時。。。


チェックアウトを済ませ
タクシーでパディントン駅に向かう車内で
中尾センセイはホテルに置き去りにした忘れ物に気付く!!!

忘れ物とは
ロンドンのギャラリーで購入したゴッホやシャガールなどの高級絵画約5点だ。。。

しかしパディントン駅に近づいており
一度引き返す余裕も無く
取り敢えずパディントン駅からヒースローエクスプレスに乗りヒースロー空港に向かった。


中尾センセイがホテルに置き去りにしたゴッホやシャガールの高級絵画約5点は
ホテルに連絡を入れて日本に送ってもらうことを選択する。


無事に高級絵画約5点が中尾亭に届く事を心より祈ります。。。


ロンドン到着時のハラハラ感とは裏腹に

帰りのヒースロー空港までは案外と楽に行けたと思います^^;


中尾センセイいわく「行きも帰りも電車の乗り方は98点やね~」との事でした。。。




それから海外で旅での悩み事…


それは我々の飲食店視察としては無くてはならない飲食店でのオーダーだ、、、

何せ英語もフランス語もスペイン語も

下手をしたら日本語も読めないこの私…


が、しかしだ!


今は翻訳アプリなる
信じられない程心強い凄い助っ人アプリが有るのを御存知だろうか?

そのアプリを開き
写真を撮るみたいにカメラをメニューにかざすと
英語でも何でも勝手に翻訳されてしまうという超優れものだ

それで言葉や文字のわからぬ海外でも難なくオーダーが出来ると言う優れものなのですΣ(゚д゚lll)


なんと
そのアプリを中尾センセイが持っていて
すかさず私も購入!!!

「これで海外のレストランでもオーダー時に困る事はないバイ!!!」

と、私と中尾センセイは大喜び^ ^


しかし本当に便利な時代になったモンですね~



色々な想い出と共に帰国の途へとヒースロー空港のJALのチェックインカウンターで手続きをしていたら

知り合いで建築家の安井さんとバッタリ遭遇!!!



ナント!安井さんはFirstclass^^;


いいなぁ~って思いながら自分の座席に座ると

その私の座席の前がFirstclassで(カーテン越しだけど)

私前が安井さんのFirstclassの座席でした。

私と中尾センセイは安井さんのFirstclassの座席で記念撮影(笑)





すげ~なぁ~

広いなぁ~Firstclassって~


それでは
安井さんから送られて来た写メで
Firstclassの世界を除いてみましょう





広いよね~

いなぁ~~~

こんな座席で旅行してみたいなぁ~





前菜でキャビア!

すげ~





これはステーキっすね~





これはなんだろ?





これはデザートっすかね???




羽毛布団まで敷いてくれるそうです。。。


因みに

気になるお値段は、、、





Σ(゚д゚lll)


に、に、に、、、250万!!!


ゴイスーでε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘


こんな座席

一生無理だわ、、、













|03-22 14:14|ガンさん日記||トラックバック(-)|トップ
誰かのブログに書いてあった『メシマズ大国イギリスロンドン』という言葉。


そー言えば
ロンドンオリンピックが開催されたその年に

「本当にロンドンは食事が不味いのか?」

なるTV番組が組まれるほど
イギリスロンドンはメシが不味いという評判だし

実際にロンドンに行かれた人も
あんなメシがクソ不味い国は行きたくない!

などという人も少なくはないのですが、、、




果たしてその真相はいかに???




とは言えロンドン、ニューヨーク、パリと言えば世界三大都市?と言われる大都市

そこまで食事が不味いワケがあってたまるか?

そんな
そこまで不味い店ばかりの大都市なんて
そもそも成り立つワケがないだろ???

そんな思いで私と中尾慎太郎センセイはロンドンの街をひたすら食べ歩きしてみた。





博多うどんの店。

博多うどんと言えば中尾慎太郎センセイだ、、、





口に入れた瞬間
思わず隣で吹き出す中尾センセイ^^;


しかし何という出汁の味…


これならば鰹風味の本だしに
お湯を注いで
冷凍の讃岐うどんを入れた方が100倍美味しい。

いったいどーすれば
こんな不味い出汁が出来るのやら(≧∀≦)


全くトホホ…でございます( ̄∇ ̄)




ペルー料理も食べてみた

最近ロンドンではペルー料理のお店が『旬』であるとのことを耳にしたので、、、





耳にしないほうが良かった^^;

店は良い店だし
スタッフも良いし
なかなか良い空気感なのですが

肝心の料理が
どうにも
こうにも摩訶不思議な味なのである

とてもじゃないけど
どう文章で表現など出来まへん(u_u)





イギリス料理の店で食べたローストチキン。





店はカッコいいけど

正にパサパサを極めた鳥料理。

泣きたくなった、、、


困った時の中華街^_^

流石にチャイナタウンは外さないだろ

…と思いきや




全くダメダメの小籠包と

妙に甘いスープの鳥の鍋料理

てなわけでチャイナタウンにも見放された私と中尾慎太郎センセイ。


こうなったら韓国料理だ

いよいよ困った時は韓国料理に限る!!!



元々俺はメシの不味いアメリカ(LA.NY)でもこの手は使いまくるのです!

3日連チャンでスンドゥブとか(笑)



アメリカ(LA.NY)がメシ不味いって言っても

一人ン万とか払えば美味しい料理は食べれますけどね、、、

それと日本の安い居酒屋とかもある所にはある場合がありますけど、、、

でも安くて美味しい料理は
やっぱ韓国料理に限るのデス。





キムチとナムルは普通以下。

スンドゥブはぼちぼちだったが

プルコギが…(涙)

タレに漬け込むから、、、と思いきや

タレに漬け込んでも、、、( ̄∇ ̄)


@#&ww☆¥%#…でした( ̄(工) ̄)






フラリと入ったワインBARで食べた生ハム。

これは美味しかったね~





所々にある『餃子BAR』

オーストラリアのブリスベンで大ブームらしいけどロンドンではそこまでブームになってる気配無し、、、





ロンドンの一等地に数店舗構えるラーメン屋『昇龍』。





これは和食屋さん。

どうなんだろ???





宿泊したホテルの近くにあるイタリアン。


なかなか使い勝手の良いお店で
滞在中に2度も行ってしまいました

10ポンドでグラスワイン1杯と
タパスをお皿に盛り放題です^_^





味もロンドンにしては美味しかったね~

中尾センセイもご機嫌でしょ~

ピッッアは本格的で
石窯で薪で焼き上げてました!!





ソーホーの街中にある屋台が連なる一画。

メキシカンあり
コリアンあり
ワケの分からないのありで
オリエンタルな雰囲気が何とも良かったです^_^





オリエンタルと言えば
今回宿泊した『マンダリンオリエンタルロンドンハイドパーク』

ガード会社の優待で予約をして
毎朝食がついていたので、毎朝朝食は食べました。


そして毎朝ハイドパークを眺めながら何やら想いにふける中尾慎太郎センセイです


中尾慎太郎センセイは
普段ならば酔うとなかなか帰ろうとしないのですが
ロンドン滞在中は時差ボケも手伝って
スグに眠くなっておりました(笑)


そして
中尾慎太郎センセイのエゲレス好きには驚きました、、、


センセイの『007』好きも初めて知りました


だからボンドカーのアストンマーチンに乗ってたのね、、、


何はともあれ中尾慎太郎センセイとの
初の二人でのロンドン珍道中はとてもとても楽しい旅となりました^_^


思ったんだけど

あれ程の大都市で

あれ程の不味い料理を出すお店ばかりで

あれ程まともな『和食(居酒屋も焼鳥屋も含む)屋』が無い都市も

本当に珍しいと思いました。。。



このブログを御覧の飲食関係の方

まもとな『居酒屋』をロンドンでやったら

間違い無く300%位の確率で当たる事を私が保証します!!!

万が一失敗した場合は

私は一切責任は取りませんが

失敗したら余程自分にセンスが無いのだと自分自身のセンスの無さを認めてください。



まぁ冗談はさて置き


今回のロンドン視察でも

改めて改めて改めまして

我々日本の飲食店(居酒屋やレストランなどなど)の全てにおけるレベルの高さを実感致しました。


友達で『ゼットン』の会長であるイナケンが良く言います。

日本の飲食店のホスピタリティは世界一だ!と、、、

日本の飲食こそ世界で勝負して勝てるし

日本の飲食店はもっともっと世界に出るべきだ!と…




ロンドン飲食店視察!!!

勉強になり過ぎましたー!






シンちゃん!色々ありがとうね^_^

滞在中も早寝してくれてありがとうね^_^


おしまい。


































|03-21 22:54|ガンさん日記||トラックバック(-)|トップ
今ロンドンで一番イケてるジャパニーズレストランがココ『セクシーフィッシュ』だそうだ

あのベッカムも常連らしいです

しかし『セクシーフィッシュ』なんて、、、名前がセクシーすぎだ…


しかしこの店の料理はイマイチどころかイマ三だろう、、、


内容も同じジャパニーズレストランの『ZUMA』をかなり意識しているかと思われる


オマケに料理のクォリティーの低さも
思いきり意識しているかと思われるのですが^^;



しかし客層はハンパない

パツキンのネーカーチーモー(金髪の金持ち)風の御客様で店内は溢れかえっている


























こよ様な絢爛豪華な内装のお店に

いかにもネーカーチーモー風の白人達がテーブルに座り

その白人達の殆どのテーブルの上には

ナント

恐ろしい事に

冷凍の枝豆が提供されていたのだ(≧∀≦)





さすがメシマズ大国イギリスロンドンだ


あの人々の舌は

いったいどーなっているのだろう???





ロンドン来てから

そんな話を中尾慎太郎センセイとしてばかりです^^;



困った時の中華街でも二軒とも大ハズしまくる私達…



いったい

どーすれば

こんな不味い餃子と

こんな不味い鶏ガラのスープが出来るのだろうか、、、


エゲレス人の味覚は

謎が多過ぎる…



おしまい。




|03-20 09:01|ガンさん日記||トラックバック(-)|トップ

プロフィール

岩澤”ガンさん”博

Author:岩澤”ガンさん”博
株式会社ベイシックス

代表取締役 岩澤 博

飲食業界の発展のために、夜な夜な北は北海道から南は地球の裏側まで飲み歩いてるガンさんの公式ブログです。

【ベイシックス オフィシャルサイト】

セミナーDVD発売中

居酒屋レジェンドセミナービデオ(ダウンロード版)
2014年6月に大阪で開催した伝説の対談がついに映像化!6月2日(月)、関西飲食オーナ交流会“エフロク”とフードスタジアム東京&関西初のコラボセミナーの映像です。

セミナーDVD「店づくりは人づくり」
2012年5月23日に行われた、楽のお父さん”宇野隆史”氏と岩澤のトークセッションを収録したDVDをフースタショップにて発売しております。
ベイシックスの各店舗でもご購入いただけます。

お知らせ

ガンさんのインタビューが外食ドットビズで紹介されています。
「起業のためのネット講義”悔しい思いをしても、楽しめヤツが成功する”」
将来、飲食業で成功したい人必見です!

渋谷、表参道、西麻布、六本木の各店舗でスタッフを募集しております。
まずは、お気軽にご連絡ください。

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

ブログ全記事表示

My Yahooに追加

My Yahoo!に追加

MyYahooに追加すると、更新情報を簡単にチェックできるのでとっても便利です。是非使ってみてください。

ブログ内検索

RSSフィード

携帯サイトはこちら